RX-8 SE3P 買い取り相場

MENU

RX-8 SE3P買い取り相場

RX-8 SE3P買い取り相場
(平成15年式〜平成23年式)

 

平均買い取り相場⇒1万円〜155万円

 

・平成23年式⇒125万円〜155万円・平成21年式⇒55万円〜82万円
・平成20年式⇒30万円〜50万円・平成19年式⇒18万円〜44万円
・平成18年式⇒8万円〜12万円・平成17年式⇒5万円〜10万円

 

※このボタンをクリックすると一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」に飛びます。

 

 

 

RX-8 SE3P買い取り相場の現状・査定のコツ!

 

マツダにしかないロータリーエンジンを搭載する車として、つい最近まで販売されていたRX-8ですが、この車はRX-7の後継モデルとして作られました。
しかし当時の新車市場でも現在の中古車市場でもいまいち評判がよくなく、むしろもっと古いRX-7の方が人気が高く、需要も多いようです。
その理由はNAエンジンなってパワーがないこと、4ドアモデルになってしまったことというスポーツモデルとしての価値が低くなったことに起因しているようです。

 

中古車市場ではこのSE3P型RX-8よりFD型あたりのRX-7の方が売れているようで、買取店でもそういった傾向が強くなっているようです。
2003年式の75000キロ走ったタイプEグレードが30万円、2009年式の同じタイプEグレードで20000キロ走ったものが150万円とへたをすればRX-7の最終モデルあたりと同じような金額かあるいはそれ以下といった意外と低い価値になっているのです。
やはり消費者がRX-7やRX-8に求めるものは同じようで、新しい割にはそういった面でデメリットを抱えるRX-8は安めに買われてしまうようです。