ティーダ C11 買い取り相場

MENU

ティーダC11買い取り相場

ティーダC11買い取り相場
(平成16年式〜平成23年式)

 

平均買い取り相場⇒48万円〜116万円

 

・平成23年式⇒54万円〜77万円・平成22年式⇒43万円〜67万円
・平成21年式⇒42万円〜69万円・平成20年式⇒25万円〜49万円
・平成19年式⇒10万円〜25万円・平成18年式⇒5万円〜17万円

 

※このボタンをクリックすると一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」に飛びます。

 

 

 

ティーダC11買い取り相場の現状・査定のコツ!

 

大衆車は低価格でそれなりの性能を持ち、居住性もそれなりのものを持つある意味万能な車です。
いろいろな場面で使えるのはいいですがその分突出して優れた性能を持つものではありません。
車というのはその車が持つ特徴を捉えて好き嫌いが生まれるものなのですがその特徴すら持たない日産の大衆車であるティーダは新車市場ではそれこそ「それなりに」売れますが、中古車でこれほどつまらない車を買う人はいないでしょう。
はっきり言って需要は少ないです。

 

その割にはたくさん売れて玉数がたくさんあるのですからたちが悪い、結局はほとんど価値のない車となってしまうのです。
買取店での買取価格を見れば、この車の価値の無さがよくわかります。
2004年式あたりのものではほぼすべてのモデルが20万以下、2010年式の15Mグレードで20000キロ走ったものでもいいとこ70万円が限界です。
70万円もいけばいいでしょう、距離が進んだものですといきなり買取金額が下がってしまい、2010年式でも30万円などという車もあるぐらいです。
大衆車は道具として使われる車でまともにメンテナンスも行われていないような車が多いのでこういう金額で買い取られるのもわかるような気がします。